WORLD SOCCER BLOG

サッカーのことについてまとめています。


    独りぼっちだった18歳のメッシは13年後も“孤独”のままで――【南米サッカー秘蔵写真コラム】 - 日本スポーツ企画出版社
    この写真は2006年6月、ドイツ・ワールドカップ開幕の数日前にアルゼンチン代表のキャンプ地だったヘルツォーゲンアウラハで撮ったリオネル・メッシだ。 恥ずかしい話だが、 ...
    (出典:日本スポーツ企画出版社)


    メッシ(Messi)こと、リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi] ( 音声ファイル), 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン
    130キロバイト (15,187 語) - 2019年4月1日 (月) 12:44



    (出典 www.football-zone.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/31(日) 09:07:56.15 ID:EPcjao+e9.net

    バルセロナのFWリオネル・メッシが、10シーズン連続の40ゴール超えを達成した。クラブ公式サイトが伝えている。

    30日のリーガエスパニョーラでバルセロナはエスパニョールと対戦。このダービーマッチでメッシは2ゴールを決め、今季公式戦でのゴール数が41となっている。

    メッシは2008/09シーズンから毎シーズン40ゴール超を達成しており、これで10シーズン連続だ。

    衰えを感じさせない31歳のメッシ。54ゴールを決めた2016/17シーズン以来3年ぶりの50ゴール超えも十分に視界に捉えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190331-00315843-footballc-socc
    3/31(日) 7:21配信


    【【サッカー】メッシ、驚異の安定感。10シーズン連続40得点超達成】の続きを読む


    バルサとメッシの契約内容がリーク? 世界最高額の年俸はC・ロナウドの2倍! - SOCCER KING
    新たに更新されたばかりのバルセロナとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの契約内容が『フットボールリークス』によって公開された。同サイトと提携している週刊誌『···
    (出典:SOCCER KING)


    メッシ(Messi)こと、リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi] ( 音声ファイル), 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン
    130キロバイト (15,187 語) - 2019年4月1日 (月) 12:44



    (出典 irodori-terrace.com)



    1 久太郎 ★ :2019/04/02(火) 12:35:57.30 ID:JRGKBB6l9.net

    選手部門は1位メッシにC・ロナウド、ネイマールが続く 監督部門1位はシメオネ
     フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が、世界のサッカー選手と監督の最高給トップ5を公開した。予想どおりユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやレアル・マドリードのウェールズ代表FWのギャレス・ベイルといったスーパースターが上位に名を連ね、選手部門ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがトップ。その金額は1億3000万ユーロ(約162億円)とされている。

     金額はクラブからの給与やボーナス、その他の仕事で得る収入まですべてを含めたもので計算されている。男子選手は5位から順にレアルのウェールズ代表FWベイル(4020万ユーロ/約50億円)、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(4450万ユーロ/約56億円)、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(9150万ユーロ/約114億円)。欧州の最前線で戦うタレントが名を連ねている。

     2位は今季からユベントスでプレーするロナウド。全世界にファンを抱えるカリスマは1年間に約1億1300万ユーロ(約141億円)を稼ぎ出すという。

     そして、そのロナウドを抑えて堂々トップに立ったのがメッシだ。サッカー界の一番星の報酬額は総額1億3000万ユーロ(約162億円)にも到達。メッシとロナウドという2大スターのみが1億ユーロの大台を突破した。

     監督部門ではアトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が4120万ユーロ(約51億円)で1位。元マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督(3100万ユーロ/約39億円)、元モナコのティエリ・アンリ監督(2550万ユーロ/約32億円)がそれに続いている。

     そしてマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は2410万ユーロ(約30億円)で4位、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が2300万ユーロ(約29億円)で5位だった。

     移籍金の高騰が話題となることの多いサッカー界だが、トッププレーヤーと監督たちの収入もかなりの額となっているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00180311-soccermzw-socc

    ※↓本文を整理しました

    【選手部門】
    1位 リオネル・メッシ      1億3000万ユーロ/約162億円(バルセロナ)
    2位 クリスティアーノ・ロナウド 1億1300万ユーロ/約141億円(ユベントス)
    3位 ネイマール          9150万ユーロ/約114億円(パリ・サンジェルマン)
    4位 アントワーヌ・グリーズマン   4450万ユーロ/約56億円 (アトレティコマドリード)
    5位 ガレス・ベイル         4020万ユーロ/約50億円 (レアル・マドリード)

    【監督部門】
    1位 ディエゴ・シメオネ     4120万ユーロ/約51億円(アトレティコ・マドリード)
    2位 ジョゼ・モウリーニョ    3100万ユーロ/約39億円(元マンチェスター・ユナイテッド)
    3位 ティエリ・アンリ      2550万ユーロ/約32億円(元モナコ)
    4位 ジョゼップ・グアルディオラ 2410万ユーロ/約30億円(マンチェスター・シティ)
    5位 エルネスト・バルベルデ   2300万ユーロ/約29億円(バルセロナ)


    【【サッカー】サッカー選手&監督 1番稼いでるのは?ランキング!1位はやはりあの選手!】の続きを読む


    三瓶(さんぺい、1976年11月23日 - )は、日本のお笑い芸人。本名、三瓶 友敬(さんぺい ともゆき)。 福島県安達郡本宮町(現本宮市)出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。福島県立安達高等学校、服部栄養専門学校卒業。血液型はB型。
    13キロバイト (1,555 語) - 2019年3月30日 (土) 07:45



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/01(月) 22:33:22.70 ID:uVxt/mTA9.net

    サッカー日本代表の長友佑都選手が3月31日にInstagramを更新。
    料理修行でトルコ移住を発表していたお笑い芸人の三瓶さんが、新天地であるイスタンブールに到着したことを報告しました。

    長友選手の専属料理人である加藤超也シェフをサポートするため、芸能活動を休止してトルコ移住を決めていた三瓶さん。

    長友選手は、「三瓶さんがイスタンブールに到着」と加藤シェフ、三瓶さんとの3ショットをアップし、「強い覚悟を持ってここまで来てくれたことに感謝。
    みんなで力を合わせて頑張ります!」とレギュラー番組を卒業してまでサポートに来てくれた三瓶さんに感謝をつづりました。三瓶さん、早速エプロンしてる。

    また、妻で女優の平愛梨さんは3月30日に更新したInstagramで「まさか! 親友である三瓶さんが! トルコにまで来てくれるだなんて!!」
    と夫婦の“恋のキューピッド”である三瓶さんのトルコ移住に歓喜のコメントを寄せており、
    「来てよかった! と思ってもらえるように私も楽しく一緒に過ごせたらと思います」と親友の決断をより良いものにすべく協力していくことを誓っています。

    同日には、愛梨さんの妹で女優の平祐奈さんも「これからも姉をよろしく頼みます」とInstagramでコメント。三瓶さんと腕を組んだ仲睦まじいを2ショットをアップしており、
    「心強いぜっ、我が家の次男!!」「いってらっしゃい」と家族同然の“お兄ちゃん”を晴れやかに見送っています。

    4/1(月) 13:46配信 ねとらば
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000060-it_nlab-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【サッカー】<長友佑都>三瓶のトルコ到着を報告! 「強い覚悟を持ってここまで来てくれた」と男気に感謝】の続きを読む


    三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜FC所属。ポジションは左ウイング(ブラジル時代)、センターフォワード(日本帰国後)。2019年1月現在、プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手である。妻はタ
    118キロバイト (15,175 語) - 2019年4月1日 (月) 14:49



    (出典 dev.f.image.geki.jp)



    1 久太郎 ★ :2019/04/01(月) 22:26:40.38 ID:UGO8lwnP9.net

    カズ語る令和「進化していく」衰え見せず駆け抜ける

    横浜FCのFWカズ(三浦知良、52)が1日、新元号が「令和」に決まったことについて横浜市内での練習後にコメントした。

    発表はテレビで見ていたといい「想像しても、どんな元号になるのかというのは浮かんできてなかったので、令和というのは全く考えていませんでした。昭和から平成を生きてきた身としては、まだ自分からスッと(元号が)出てきませんね」と話した。

    1982年(昭57)に高校を中退して単身でブラジルに渡り、86年にサントスでプロ契約をつかみ取って以来、昭和、平成の時代をプロサッカー選手として駆け抜けてきた。新時代へむけ「また新たな元号の中で、プロとしてプレーができると思うのでうれしいですね。あと1カ月で平成が終わって、新たに社会も変わっていくでしょうし、進化していくと思う。サッカーもその中で変わっていくと思うので、昭和、平成と駆け抜けてきて、また令和でも駆け抜けたいなと思います」と意気込んだ。

    まずは平成最後のゴールを狙う。3月23日のFC岐阜戦で17年4月の町田ゼルビア戦以来、約2年ぶりに先発出場を果たした。同試合でゴールは奪えなかったが、この日の紅白戦ではネットを揺らす場面もあり、コンディションは上がってきている。3日のアウェー愛媛FC戦へ向け「しっかりした準備ができています。良い状態になっている。平成で早く1点をとりたい。やっぱりみんな期待していると思うので、次に出場したときはゴールを挙げたい」と力を込めた。【松尾幸之介】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-04010587-nksports-socc


    【【サッカー】三浦知良《カズ》「昭和、平成と駆け抜け、令和でも駆け抜けたい」】の続きを読む



    (出典 spread-sports.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/01(月) 22:21:14.27 ID:uVxt/mTA9.net

    ◆フランス王者PSGとの対戦でムバッペ相手に「いろいろなトライをしよう!」とプレー

    日本代表DF昌子源が所属するフランス1部トゥールーズは、現地時間3月31日に行われたリーグ・アン第30節で王者パリ・サンジェルマン(PSG)に0-1で惜敗した。

    長期離脱中のブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに加え、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアとドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーも負傷欠場、
    イタリア代表MFマルコ・ベラッティやブラジル代表DFチアゴ・シウバもベンチスタートと、PSGは主力の多くを欠いていた。

    トゥールーズはリーグ得点王ランク1位を走るフランス代表FWキリアン・ムバッペを抑えて前半は0-0で折り返したが、後半29分に20歳の神童FWに決勝ゴールを許した。
    今年1月に鹿島アントラーズからトゥールーズに移籍以降、初の日本代表活動を終えた昌子は、フランスに戻って中3日でムバッペとのマッチアップに挑んだ。

    「世界の最高峰とやる機会は少ないと思うから、『いろいろなトライをしよう!』というのは(自分の中で)決めていて。せっかくのこのチャンスに、縮こまってあたふたするより、いろいろな対応をして、自分の引き出しをどんどん増やしていきたいと思っていた」

    昌子は「まあ、あの選手で試すのもどうかと思うけど(笑)」と多少のおこがましさを覚えつつ、ムバッペがトップスピードに乗った状態でどこまで迫れるかトライしたり、
    1対1で近距離から対峙したり、相手がトラップした瞬間を狙ってぶつかりに行くなど、さまざまなパターンでディフェンスを試みた。

    その結果、この試合唯一の得点シーンとなった後半29分のゴール以外はムバッペに危険なクロスやシュートを打たせることなく、アラン・カサノバ監督も試合後の会見で「お互いがカバーし合って強固な守備ができたこと」をPSG戦の収穫に挙げた。

    ◆「人間ができる加速じゃない」 昌子源、神童ムバッペとの対戦で感じた

    もっとも昌子本人は「いろいろなトライはできた」と話す一方で、「(相手を抑え込んだという)手応えは感じない」と自己評価は厳しい。

    「あのシュートも、端から見たら簡単そうですけど、実際には相当レベル高いです。トラップしてからの振りが速い! トラップしてからコンマ数秒で打っている。
    だから誰もアプローチに行けないんです。しかもサイドネットに入れていますからね。あれこそワールドクラスだな、と」

    決勝ゴールの場面では、昌子とセンターバックの相棒クリストファー・ジュリアンの2人はゴール前にポジションをとっていた。
    ムバッペにクロスが入った瞬間、昌子も寄せようと動き始めていたが、20歳の神童はトラップしたボールがバウンドする瞬間に右足をコンパクトに振り抜いてゴールを陥れている。

    「彼はフランスリーグで1トップを張るタイプではなく、フィジカルコンタクトせずにすっと行くタイプ。だから難しい。あのゴールの場面も、1トップの選手だったら俺とクリス(ジュリアン)の間に入ってくる。
    でもムバッペ選手は入ってこずに常にマイナスの位置で待っていて、そこにクロスを蹴られた。でもそこでムバッペについたら、今度はスピードでぶっちぎられるから無理だし……」

    PSGのドイツ代表DFティロ・ケーラーからのクロスを通させたサイドのカバーリング不足が痛かったが、その千載一遇のチャンスを逃さないところがムバッペが世界トッププレーヤーたる所以だ。
    また、これまで映像などで見ていた姿と同じ部分もあったが、実際に同じピッチの上で、至近距離で見るムバッペのスピードは、「人間ができる加速じゃない」ほどだったという。

    4/1(月) 18:50配信 FOOTBALLZONE 全文掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00180111-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【サッカー】<昌子とムパッペの対決〉サッカーファンが大注目!】の続きを読む

    このページのトップヘ